1. HOME
  2. ブログ
  3. 施術実績紹介
  4. 首が痛みで全く動かせない50代女性〜原因は後頭神経痛

首が痛みで全く動かせない50代女性〜原因は後頭神経痛

みなさん、こんにちは!JR渋谷駅徒歩5分「こりと痛みと不調の研究所」所長のケイです。

今回は後頭神経痛により首が全く動かせない占い師のお話です。

「1週間前から、首から後頭部が突然痛み出し、頭を少しでも動かそうものなら後頭部に電気が走るような強烈な痛みが出ます。」

頚椎カラーを巻いていて、首を動かせないため目線だけで私を確認していました。体ごと正面を向かないと対面できず、首は完全にロックがかかった状態です。見ていてもこちらの首まで硬くなりそうな気になります。

お話を聞くと、占いするブースが狭く身動きがあまり取れないためにいつも姿勢を硬直させていて、元々なで肩で首が長くストレートネックのため首・肩の凝りや痛みに長年悩まされていました。その骨格が起因して過去に頚椎ヘルニアを経験していて、首や肩が楽だと思ったことがほとんどないとも仰います。今回、病院での診断は後頭神経痛でした。

この後頭神経痛ですが、後頭部の頭皮に3つの感覚神経(小後頭神経・大後頭神経・大耳介神経)があり、ジンジンやズキズキといった強い痛みが動作や姿勢によって不規則に発生します。

彼女の場合、大後頭神経のエリアに強い痛みが発生していました。その原因は何なのでしょうか?

〜頚椎に問題あり

調べていくと、頚椎2番と3番にズレが生じていて、そこに関連する神経に負担がかかっていました。解剖学上、後頭神経と頚椎は密接な関係にありますから納得がいきます。

ではなぜ頚椎がずれたのか?ということです。第2肋骨に問題があり、そこと頚椎に付着する後斜角筋が緊張して第2・3頚椎を歪めていたのです。首にとって大事な筋肉ですから、そこが緊張して硬くなると首や肩にその影響が出やすいです。

〜張力を戻す施術

頚椎を取り巻く筋肉がアンバランスになり、硬いところと弛んだところがあちこちにあったので、本来の弾力性に戻すために「起」の施術をしました。

全く動かなかった首が動き出し7割くらいの可動範囲を取り戻しました。まだ頭を下に向けることに制限があったので、頚椎の動きを出すポイントに刺激を加えて再度動かしてもらいました。

すると、9割がた痛みもなく頭を動かせるようになったのです。あれだけ動かなかった首がスムーズに動かせるようになったことに驚かれていました。

残りの1割を解決したい…そこで秘密の一手を加えて再確認してもらったところ、ほぼ正常の首の動きになりした‼︎ 帰りは頚椎カラーをつけることなく普通に施術所をあとにしました。

数時間後、彼女からメッセージをいただきました。

「本日はありがとうございました!首を動かした時の”チリチリ”という音がしていないのと、動かした時の後頭部の激痛がないです!」

嬉しいですね。

首の痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ 初めての方へ

関連記事