1. HOME
  2. ブログ
  3. 施術実績紹介
  4. 出産後からひどい咳で悩む30代女性〜原因は産後の回復にあり①

出産後からひどい咳で悩む30代女性〜原因は産後の回復にあり①

みなさん、こんにちは!ケイです。

産後からひどい咳が出るようになり、日々つらい状態の女性のお話です。

彼女は約1年前に出産をしました。その後ほどなくして風邪を引いたのです。それ以降、横になると咳が出て、夜中にヒューヒューと音がするようになりました。

4箇所の病院に行き、咳喘息と診断されてステロイドを吸入して何とか凌いでいる状態でした。会話の途中も咳をしていました。何か刺激が入るとスイッチが入ったように咳込みます。

喘息の方はもちろん、風邪などで咳込んだ経験がある方はわかると思いますが、かなりの体力を消耗します。私も何年かに一度経験をしましたが、睡眠もままならず疲労が蓄積していつも怠さを感じていたことを思い出します。

彼女は食欲はあり、排泄は正常、月経周期も安定していて、咳以外は健康維持されているように感じます。

いったい何が彼女の咳の原因になっているのでしょうか?

ホルモンバランスの乱れ

調べていくと、子宮と延髄に化学物質が影響しているかもしれないとわかりました。何の化学物質かは特定できませんが、子宮に溜まってものが、女性ホルモンのバランスに負担をかけているようです。

産後、少しずつホルモンバランスが回復していくのですが、月経に影響がないものの、体に負担をかけてくる程度の乱れが残っていました。

私は、どのような出産だったかが、その後に大きく影響してくるとみています。出産方法(普通分娩・帝王切開)、かかった時間、赤ちゃんの大きさを参考に、産後の回復経過を観察します。

また産後の生活パターンや体力、骨盤をはじめとした全身の回復具合も加味していきます。順調に回復しているように見えても、体内ではトラブルが起きていて、数ヶ月後、数年後にその影響が何かしらの形で現れてきます。

ですから、出産経験をした方でなんとなく調子が上がらない、原因もなく症状が出てきた、精神的なきつさがある、病気になったなど心当たりのある方は一度ご相談ください。 専門医の診察が必要な場合は、ご紹介致します。

延髄の呼吸中枢にトラブル

もう一つは延髄。ここは呼吸中枢があるのです。化学物質が負担をかけて呼吸器の機能にトラブルを発生させていたのです。

咳と言うと、菌やウィルスによる感染、喉の乾燥など疑いますが、延髄のトラブルで咳が止まらないという方もいらっしゃいます。彼女はそのパターンでした。

施術して経過観察です

いつものように優しい手技で拝毒を促し、神経の通りを良くしました。すぐに咳が止まる訳ではないので様子をみてもらいました。

1週間後…

前回の施術後、2日間頭痛が続き眠気との戦いだったそうです。咳は変わらず出ているとのことでした。

原因を徹底的に取る!

2回目の施術でわかったことは、脳幹・泌尿器系・婦人科系に化学物質がまだ存在しているようだということです。 前回同様の施術をおこない、毎日摂取する水分量をお伝えして様子を見ることにしました。

また1週間後…彼女の体がどのように変わって克服したのか、次回のブログでご報告いたします!

産後の回復でお悩みの方、しつこい咳でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

関連記事