1. HOME
  2. ブログ
  3. 施術実績紹介
  4. 突然の腰痛に悩む30代女性〜原因はストレスによる内臓疲労

突然の腰痛に悩む30代女性〜原因はストレスによる内臓疲労

みなさん、こんにちは!JR渋谷駅徒歩5分「こりと痛みと不調の研究所」所長のケイです。

今回は、昨日より突如としてギックリ腰状態になってしまった女性のお話です。

「昨日から急に腰が痛み出し、前屈みが痛くてしづらいです。仰向けに寝る時、顔を洗う時、冷蔵庫の下のドアを引く時、ストッキングを履く時など、とにかく前屈みになると痛くて…」

訪れた時の姿勢からこれは辛いと予想はつきました。骨盤は後継し、膝が少し曲がっていて、お腹に力が入っていないので何とか立っている状態でした。

重い物を持った、靴を履こうとして捻ったなどの特定の原因に心当たりはなく、昨日時間の経過と共に痛みが増してきました。原因不明でギックリ腰さながらの腰痛は急性腰痛と言われ、この種の腰痛で悩む方を多く施術します。

予兆の有無を確認すると、ここ数日寝起きがだるく辛かったと仰います。本人の推測によれば、体に良かれと思うことを徹底して行うため、それで腰を壊してしまったのではないか?という見解です。確かに一生懸命になるあまりに体を痛めてしまう方もいます。

果たして原因は推測通りだったのでしょうか?

〜自分に対するストレス

動きを確認してみると、前屈はおろか靴下を履く動作は痛みがあり、ベッドに寝る体勢を取るにも痛みが出ないように恐る恐る慎重に横になります。

脚の長さに左右差があり、全体の関節の動きをチェックすると、特に左股関節に硬さが見られ、動きの途中で腰に痛みが生じます。また左肩も可動範囲が狭くなっており、体全体が緊張から硬くなっていて、日常生活動作にも影響があることが伺えます。

原因を調べたところ、左腎臓にストレスの影響があり草臥れた状態になっていました。だからといって排尿に影響はないにしろ、腎臓の疲れは腰とリンクしてきます。

最近のストレスを尋ねたところ、近々新しい事業を始めるために活動していたのですが、始めるに当たりいろいろな考えが生じてそれが足枷となり、新規事業への不安や恐れがあり、一歩を踏み出す勇気が湧いてこないと心の内を吐露してくれました。

その自分への不甲斐なさがストレスとして蓄積されて腎臓が悲鳴を上げたのです。東洋医学的に見ると腎臓は恐れという感情と密接な関係があるので、彼女の心にある思いが負荷をかけ始めていたのです。

恐れという感情があると、動きにもそれが現れます。先程「ベッドに寝る体勢を取るにも痛みが出ないように恐る恐る慎重に横になります。」と書きましたが、動く度に痛みが出るのではないか?という恐れにも繋がり、自然と動きに制限をかけて緊張状態にしてしまいます。

ギックリ腰を経験された方はわかると思いますが、またあの痛みが来るのでは…と身構えて生活するようになり、心身ともにとても疲れを感じます。

〜感情を解放し、筋力を取り戻す

私の施術は基本的にみなさんに同じことをします。彼女の体に軽く手を添えて腎臓にあるストレスを解放しました。

直後に脚の長さは綺麗に揃い、左股関節の動きはスムーズになり腰に痛みも生じません。起き上がりはまだ恐る恐るでしたが、痛みなく起き上がれました。

ただ、お腹の力は抜けやすい状態でしたので、動きの恐れを無くすためにお腹の使い方を練習しました。これは日々繰り返し行なって、自然にできるようにお腹の力の入れ方を思い出させます。いわゆるリハビリです。

お腹の使い方が上手になるにつれて、前屈みでも痛みなく下まで曲げられるようになっので一安心です。

彼女は原因がわかったこと、痛みなく動けたことに安堵の表情を浮かべ、目にはやる気が満ち溢れて輝いていました。

〜腰痛といっても種類がある

今回のケースように心理社会的要因の腰痛というものがあります。主にストレスが原因で腰痛を発症するので、心当たりがないと仰る方がほとんどです。場合によっては心理カウンセリングを受けていただくこともあります。

それだけ私たちの心と腰は密接な関係にあります。腰痛となると筋肉のトラブルと思いがちですが、メンタル面からくるもの、内臓疾患からくるものもありますので注意が必要です。

たかが腰痛と軽視されることなく、その原因をきちんと知ることで今後の健康に大きく関与してきますので、早めに対応されることをおすすめいたします。

ギックリ腰や慢性腰痛でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

それでは良い一日をお過ごし下さい!

お問い合わせ 初めての方へ

関連記事