1. HOME
  2. ブログ
  3. 施術実績紹介
  4. 最近寝つきが悪い50代女性〜原因は日々の疲れによる延髄の位置ズレ

最近寝つきが悪い50代女性〜原因は日々の疲れによる延髄の位置ズレ

みなさん、こんにちは!ケイです。

今日は寝つきが悪い女性のお話です。寝つきが悪いという相談はよく受けます。

「早く休みたいのに布団に入るとなかなか眠れなくて〜」

「疲れていてすごく眠いのに横になったら覚醒してしまって…」

休みたいのに休めない時のもどかしさはストレスになりますよね。そんな時の睡眠は質が下がり、途中で起きてしまう、目覚めが悪い、朝からだるいといった状態。気分良く目覚めて、1日を楽しく有意義に過ごしたいものです。

彼女は元々寝つきが悪い訳ではないそうですが、最近寝つきの悪さに困っていました。 悩み事がある訳でもなく、普通に疲れているくらいなのですが、入眠が上手くいきません。

さて、原因は何なのでしょうか?

脳幹に問題がありました!

詳しく調べていくと、脳幹の一部である延髄にトラブルが発生していました。位置異常、つまり延髄が右下方向にズレていたのです。

※脳幹については下記記事にてご紹介しています。

関連記事:朝起きる時に腰が痛む50代女性〜原因は脳幹の疲れによるリンパのトラブル

枕が合わないように感じていませんでしたか?と質問すると、

「枕を変えてみたりして眠れるようにしていました!」

延髄は後頭部の中にあるので、枕が当たる場所の内側です。そこがズレているので、頭の置き所がない感じです。これでは落ち着かず入眠しづらかったことでしょう。

延髄は自律神経の要であり、運動とも関係してきます。そこが日々の疲れから少しずつ歪み出し、最終的にズレた状態になってしまったのです。

軽いタッチで 延髄のズレを調整

フワッとした優しいタッチの手技で延髄のズレを調整しました。翌日に、

「昨日は8割改善された気がします。ありがとうございます!」

とメッセージを頂きました。もう一息ですね^ ^

寝つきが悪い、不眠症などの睡眠障害でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

関連記事