1. HOME
  2. 施術メニュー
  3. 頭蓋骨仙骨療法

頭蓋骨仙骨療法

頭蓋仙骨療法

頭蓋仙骨療法

頭蓋仙骨療法(Craniosacral Therapy:クレニオ・サラクル・セラピー)

東洋医学としての鍼灸について何やら難しい名前の施術法だなと思われることでしょう。 初めて聞いた方も多いはず。この頭蓋仙骨療法とは、頭の骨(いわゆる頭蓋骨)と骨盤にある三角の骨(仙骨)に優しく触れて治療を行う手技です。 下記詳しくご説明いたいます。

どういう治療なの?

実際の施術ですが、頭蓋骨から背骨を通って仙骨まで、その中にあるものに対して骨の上からアプローチしていきます。 中にあるものとは、脳と脊髄。 私たち人間が生きていく為の活動を行う際に指令系統として働く神経(中枢神経)ですよね。 この中枢神経である脳と脊髄を覆っている膜に着目して、その膜の緊張を取り除くことを行っていくのです。

“くも膜下出血”って聞いたことありますよね。 くも膜もその一つ。 脳と脊髄は「髄膜」という膜に覆われています。 この髄膜は三層構造になっていて、外側(骨側)から硬膜・くも膜・軟膜で構成されています。 その中を「髄液」という液体が流れているのです。 この髄液が治療にとってとても大切なのです。

実は髄液は循環しているのです。 この髄液の循環が悪くなると身体にいたずらをして不調を引き起こします。 呼吸以前に胎内にいるときからこの循環があり、作り出されては吸収されと、生成・吸収を繰り返しています。 その際に頭蓋骨や仙骨が動きます。 頭蓋骨は動かないと認識されていたのですが、微妙に動いていることを発見しこの動きを治療に取り入れた医師がいたのです。 髄液が作り出されると頭蓋骨は膨張します。 外側の硬膜が頭蓋骨と付着しているために髄液の動きが骨を通じて触知できるのです。 ただしそっと優しく触れるのです。 5g程の圧で触れると言われています。 頭蓋骨と仙骨に優しく触れて髄膜の緊張の除去とその中を流れる髄液の循環を目指すこと。 それが頭蓋仙骨療法なのです。

具体的にどんなことをするのですか?

髄液の動きのコントロール→骨盤内の膜(骨盤隔膜)や横隔膜などの弛緩→頭蓋骨・顎関節の調整→髄液の動きのコントロールと10の行程で施術していきます。 現在は約60分位かけて行っております。

施術を受けている間はどんな感じというと、正直に言って何をしているのか分からない感じです。 ただそっと触れているだけなので。 最初から最後まで仰向けに寝ているだけです。 治療を進めていくと心身ともにリラックスしてきて寝てしまう人が多いですね。 終わったあとは「ぼーっとした感じ」とか「すっきりした」・「痛みが取れた」・「からだがふんわりした感じ」など人それぞれ。 皆さんから改善方向へのコメントが多く聞かれます。

この施術法の素晴らしいところは、大体の方が受けられること。 ただし、当院では脳血管障害や高血圧の方にはご遠慮いただいております。